“ヘン”だから成功した⁉グラフィックデザインの世界~ハッとするデザインはどのように生まれるのか?YOHAKU第1話

グラフィックデザイナーの北川一成さんが建築家の川添善行さんと手がけた「変なホテル」。そのブランド秘話に迫る。

テーマパークでもない、博物館でもない、なかなか予約が取れない人気ホテルがある。そんなホテルを手がけた人の頭の中には、どんなアイディアがあったのだろうか。

北川一成(以下、北川):幸せとか、なんか「自分が生きててよかった」とか、こう。楽しいっていうのをデザインしたいんですよ。

長崎のハウステンボスに2015年にオープンした「変なホテル1号店」。フロントやクロークにはロボットばかり。その他にも、エアコンなしでも涼しさを保つ構造や、宿泊料をリーズナブルにしたことなど、様々な試みが話題となっている。

デザイナーの北川さんは、近年、挑戦的なデザインを多く手がけている。同じく、「変なホテル」「イーストアーム」を手がけた建築家、川添善行さんと共に、デザインの本質を探る。

川添善行(以下、川添):まあ、「スマートホテルプロジェクト」っていう、最先端の技術を集めようよっていうコンセプトでやってて。ようやくこう、大枠が固まって来たくらいで、はたと気づいたんですよ、みんな。「名前はこれでいいのか?」とか。

「スマートホテルプロジェクト」というネーミングの何に違和感を感じたのか?

北川:流行っている言葉って、結構こう、風化しちゃうんですよね。変化し続けるホテルだから「変なホテル」っていう名前をね、考えて提案したんですよ。

川添:もう、爆笑ですよね。

北川:10人中9人、はっきりアウトって言ってましたからね。

川添:やっぱこう、受け止めるのにみんな時間がかかったのはやっぱ事実ですよね。すげえ、電話とかも来ましたもん。「もう、こんなん常識としてありえません」みたいなのとかは結構いただきましたね。

しかし、「変なホテル」と名付けたことである効果が生まれた。

北川:みんななんか、「あれ?どこが変なの?」って大体みんな聞いてくれるんですよ。だからきっかけをこう作るっていうか、コミュニケーションが誘発されないと、次の展開にならないっていつも思ってて。

一度聞いたら忘れられないこの名前が、様々な興味や関心を引き寄せた。

川添:こう、建築とかが、社会の中でこういう風にこう関心を持ってもらえるってほとんど今までなかったはずなんですよ。変なホテルは、それをなんか実現したというか。

北川の遊び心は、ロゴマークにも詰まっている。

北川:ロゴマークはね、あれはね、蝶々なんですよ、一応。昆虫って完全変態するでしょ?変わり続けるホテルのモチーフにしたんですよね。あれ、クレヨンしんちゃんのオケツ見たいでしょ?あれ。まあ、物の見方だけど、見ると笑っちゃうと。もう、「変なホテル」で通っちゃったから、みんなまあ、それはじゃあ、はい、みたいな。諦めの境地なってたよね。

ロゴの文字には、どんな工夫を?

北川:名前は変だけど、タイポグラフィとかは、かっこよくしたんですよね。そういうギャップが大事になんですよ。文字が読めない人が見ても、そういう、身体感覚というか、情動に訴えかけるような、形の印象かな。どのスイッチを押したら人が興味向くかとか、そういうことばっかり考えています。

デザインでコミュニケーションを生み出す。北川さんが大切に思うことの一つだ。

川添:発し手と受け手がいて、両方含まれているのが、コミュニケーションだと思うんですけど。北川さんがやっているのは、まあ、グラフィックを通しながらコミュニケーションをデザインしていると思うんですよね。

北川:コミュニケーションって楽しい方がいいんですよね。それをどういう風にしたら、会ったこともない人たちがこう、繋がっていったり。

川添:北川さんにはね、愛があるんですよ。「そんなの知らねえよ」みたいな割と素ぶりをするところもあるんですけど。

北川:人間観察大好きなんですよ。人に伝えるっていう仕事だから。不特定多数の人がどういう風に反応するのかっていうのを、もっと掘り下げていきたいなと思っているんですよ。

【プロフィール】グラフ株式会社 代表取締役/ヘッドデザイナー 北川一成 1965年兵庫県加西市生まれ。87年筑波大学卒業。89年GRAPH(旧:北川紙器印刷株式会社)入社。01年、書籍『NEW BLOOD』(発行:六耀社)で建築・美術・デザイン・ファッションの今日を動かす20人の1人として紹介。同年国際グラフィック連盟(世界約250名のトップデザイナーによって構成される世界最高峰のデザイン組織)の会員に選出。04年、フランス国立図書館に、“近年の印刷とデザインの優れた本”として多数の作品が永久保存される。11年秋、パリのポンピドーセンターで開催される現代日本のグラフィックデザイン展の作家15人の1人として選抜される。“捨てられない印刷物”を目指す技術の追求と、経営者とデザイナー双方の視点に立った“経営資源としてのデザインの在り方”の提案により、地域の中小企業から海外の著名高級ブランドまで多くのクライアントから支持を得る。出演にNHK WORLD「DESIGN TALKS plus」、テレビ東京『カンブリア宮殿』、NHK『ビジネス新伝説 ルソンの壷』他多数。著作に『変わる価値』(発行:ワークスコーポレーション)、関連書籍に『ブランドは根性_世界が駆け込むデザイン印刷工場GRAPHのビジネス』(発行:日経BP社)がある。