Credit : Creative Commons

少量のアルコールは語学力を伸ばす!最新の研究で証明

お酒を飲みながらだと、苦手な外国語がいつもよりうまく話せる気がする人は多いのではないだろうか。実はこれ、気のせいではなかったようだ。

アルコールが脳に作用する際に最も影響を受けるのが、注意力や記憶力、そして判断力だと言われている。外国語を話す際にも注意力、記憶力、そして判断力は必要になってくるので、科学的にはアルコールは外国語を話す能力を下げると思われてきた。

しかし英国のリヴァプール大学、キングス・カレッジ・ロンドン、そしてオランダのマーストリヒト大学の研究者たちが発表した論文によると、少量のアルコールは語学力を向上させることが証明されたのだ。研究では、オランダ語を最近勉強し始めたドイツ人(ドイツ語のネイティブスピーカー)50人を対象に、2つのグループに分けて行われた。片方のグループにはアルコール飲料、もう片方のグループにはノンアルコール飲料が与えられた。アルコール飲料の量は各被験者の体重によって調整され、70kgの男性には460mlのアルコール度数5%のビールが渡され実験が行われた。

各被験者は渡された飲料を飲んだ後、数分間オランダ語のネイティブスピーカーと会話をし、その様子を録音。誰が何を飲んだのか知らされていないオランダ語のネイティブスピーカーが各会話を評価した。また、各被験者も自らの成果を自己評価した。

実験の結果、アルコール飲料を飲んだグループの方が、軒並み高評価を獲得。特に発音の良さが高く評価された。自己評価はグループによる差異が確認されなかったという。この結果について、今回の実験を行なった1人であるリヴァプール大学のInge Kersbergen博士は、少量のアルコールが外国語を勉強し始めた人の発音を良くすることの証明となり、今までバイリンガルスピーカーがよく言っていた、お酒を飲みながらだと外国語が上手くなる気がするという話の証明に繋がるとしている。

しかし同時に、研究チームは「少量」のアルコールが効果的であり、度を超えたアルコール量の摂取は、有効な効果をもたらさないだろうとも述べている。飲み過ぎは良くないが、外国語を話すのが苦手という人は試してみる価値がありそうだ。

Journal of Psychopharmacology

ZME Science

RELATED POST