Credit : The BLOODHOUND Project

世界最速に挑む車Bloodhound SSC、記録更新に向けテスト走行へ

来週の10月26日、28日、30日の合計3日、イングランド南西部にある空港、コーンウォール・エアポート・ニューキーの滑走路であるイベントが行われる。自動車最速記録保持者である元イギリス空軍のアンディ・グリーン氏が、特殊車両のテスト走行を行うのだ。

今回のテストでは、Bloodhound SSCと呼ばれるジェットエンジンとロケットエンジンを搭載した車体がお披目となる予定で、9秒で200mph(約322km/h)まで加速することに挑戦する。自動車最速記録を目指すというチームBloodhoundの最終目標は、1000mph(約1609km/h)を達成することだ。

このイベントは、チームがスラストSSCと呼ばれるジェットエンジンの搭載されたクルマで1997年10月15日に達成し、今もなお地上最速記録に認定されている763.035mph(約1228km/h)の20周年記念として行われる。当時のドライバーもアンディ・グリーン氏で、米国ネバダ州の砂漠で行われた。

これに伴い、Bloodhoundは最速記録を達成した当時の映像と、アンディ・グリーン氏のコメントをまとめた記念動画を公開。動画内では、グリーン氏が最速記録を達成する際の苦労を語っているほか、勝手に車体が左に行こうとするのを抑えるため、ハンドルを右に目一杯切っている様子や、音速に達した際のひどく甲高い音などが記録されている。

1000mphへの挑戦は2018年に行うというBloodhound SSC。今回のテストは、記録達成に向けた大きな一歩となりそうだ。

Autoblog

The BLOODHOUND Project

RELATED POST