RALLY NIPPON 2017雨にも負けず【大会レポート2日目】

イベント期間最長の旅となる2日目は加賀山代温泉から軽井沢マリオットまでの380キロ。台風上陸直前の大雨の中、旅館の女将たちに見送られ加賀山城温泉をスタート。

Rally Nippon 2017

この日のルートにも絶景、地域の人々とのふれあいがいっぱいだった。ホワイトロードの滝、世界遺産の白川郷では海外参加者の多くがその絶景に感動。また、飛騨高山、奈良井宿での地元ギャラリーからの声援や交流は、雨の中ラリーの完走を諦めかけていた参加者の心を奮い立たせていた。

白川郷 Rally Nippon 2017

この日印象に残ったのは、やはり大雨の中の皆の頑張りだ。参加者はもちろん、トラブル対応するメカニック、地元ボランティアの丁寧な対応、イベントスタッフのきめ細かい配慮と、Rally Nipponを愛する人たちの心がひとつになる瞬間を、多くの場所で感じた。

山城 ラリー日本

台風が通過する見込みの3日目は、軽井沢から伊豆修善寺までの280キロを走る。コース詳細はこちらから

THE PENINSULA TOKYO RALLY NIPPON 2017

RELATED POST