Credit : Credit: General Motors

自動車大手GM、NYで自動運転の試験実施へ

ここ数年で自動運転技術は飛躍的に進歩している。今現在、実用化されているのは海外の高速道路上のみだが、街中での自動運転が実現するのも時間の問題となっている。実用化の前には数多くの試験が必要となるが、実際に人が行き交う街中での試験走行は避けて通れない道だ。 今年の5月、ニューヨーク州知事Andrew M. Cuomo氏は、米国ニューヨーク州で自動運転の試験を可能にすると発表。そして10月17日、自動車大手のゼネラルモーターズとその子会社Cruise Automationが名乗りをあげ、2018年上旬の試験開始を申請した。試験走行は、世界経済の中心地であるニューヨーク市マンハッタンで行われるという。この自動運転の試験では、運転席にエンジニアが座り、もう一人が助手席に座って行われる予定だ。これに先立ち、Cruise Automationはニューヨークに拠点を設ける。 今回の発表に際しM. Cuomo氏は、自動運転車が人々の時間を節約し、人命を守るポテンシャルを秘めているこの試験に協力できることを誇りに思う、とステートメントで述べている。また、Cruise AutomationのCEO Kyle Vogt氏は、ニューヨークのような混み合った場所で試験を行うことにより、自動運転技術の進歩が加速するだろうとしている。

Sustained Testing in Manhattan in Early 2018 Made Possible by FY 2018 Legislation Authorizing Autonomous Vehicle (New York State)

RELATED POST