Credit : Cat Lounge Dublin(Facebook)

アイルランドに初の「猫ラウンジ」オープン

猫カフェに行ったことはあるだろうか?猫は飼いたいけれど、住宅事情や家庭の事情で飼うことができない、そんな人が猫と触れ合える場として登場した猫カフェ。日本では一般的に知られているが、その波は世界中に押し寄せている。 

日本の猫カフェをモデルにした「猫ラウンジ」が10月10日、アイルランド・ダブリンに初登場した。店名は「Cat Lounge Dublin」。予約することで90分間10匹の猫たちと時間を過ごすことができ、室内にはコーヒーマシンも完備されている。

愛猫家でオーナーのGeorgina O’Neill氏は、3年前に日本で猫カフェを体験した兄弟に写真を見せてもらい、そのアイデアに感銘を受けたという。家族に猫アレルギーがある人や、ペット禁止のアパートに住んでいる人などに、癒しを与えられればとの思いから開店を決意したとのこと。 

開店に先立ち募集したアルバイトにはなんと1000人以上が応募。その多さから、選考は困難を極めたという。 

予約はインターネット上で受け付けており、利用は11歳以上から可能だ。ラウンジでは猫と一緒に遊べるが、実際にどう遊べるかは彼らの気分次第となる。ここにいるのは地元の動物病院で保護されていた猫たちだが、好奇心旺盛でとてもフレンドリーなのだそうだ。 

「Cat Lounge Dublin」だが、いわゆる「猫カフェ」ではないとO’Neill氏は強調する。コーヒーマシンが置いてあるのでコーヒーは飲めるが、セルフサービスだ。ノートパソコンを持ち込んで仕事をするもよし、ただただ猫と戯れるのもよしと、時間の使い方は利用者に任されている。 

人気が出ればアイルランドの他の都市にも出店したいとO’Neill氏は海外メディアに語っている。日本で生まれた文化が、アイルランドでも受け入れられるのか注目だ。

https://www.facebook.com/CatLoungeDublin/
http://www.independent.ie/life/irelands-very-first-cat-lounge-opens-its-doors-this-week-36203776.html
https://www.her.ie/life/cat-cafe-opening-dublin-feline-fever-368403

RELATED POST