Credit : GUINNESS WORLD RECORDS

ジャガーと元オリンピックのスキー選手、ギネス記録樹立

スキーをしたことがある人なら一度は考えてしまうであろう、「スキー板を履いたまま、クルマに引っ張られたらどれぐらい速く滑れるのか?」ということ。この度、自動車大手ジャガー・ランドローバー社は元オリンピック選手とタッグを組み、この記録に挑戦した。 

牽引するクルマは、ジャガー『XFスポーツブレイク』。『XF』のステーションワゴンモデルだ。そして牽引されるのはイギリスのグラハム・ベル氏。過去に5回、イギリス代表として冬季オリンピックに参加した、元オリンピック選手スキーヤーである。 

新記録を達成するには、112.65km/h以上でベル氏を牽引する必要があった。技術と体力が必要なのはもちろん、何より危険と隣り合わせとなる今回の挑戦。ギネスワールドレコーズの認定員が見守る中、スウェーデンにあるジャガー・ランドローバー社のテスト場でマイナス28度の中チャレンジ。そしてベル氏はこの挑戦において、なんと189.07km/hを達成。見事世界新記録を打ち立て、ギネス世界記録にも認定された。 

世界記録達成後、ベル氏はギネスの取材に対し、ジャガーのエンジニアたちを含めたチーム全体の努力の結晶だと語った。また、ジャガー・ランドローバー社は、XF スポーツブレイクの持つAWD(四輪駆動)テクノロジーと高速時の安定性が、今回の記録達成に貢献したと語っている。 

多くの人が一度は考えてしまうようなことを実際に行い、世界記録を更新した今回の挑戦。あくまでも、安全性の高いテスト場でプロのチームが細心の注意を払って行われた挑戦であるため、間違っても真似はしないように。

http://www.guinnessworldrecords.com/news/commercial/2017/10/jaguar-land-rover-tows-olympic-skier-graham-bell-into-the-record-books-at-189-07-496734

RELATED POST