道具なし、衣服なし、食料は現地調達…! 無人島にたったひとりの壮絶サバイバルから生き延びる知恵を学ぶ

南太平洋に浮かぶ熱帯の無人島に、道具・食料・衣服の一切を持ちこまず、たったひとりで60日間を生き延びる――そんな、無謀とも言える“生死をかけた極限サバイバル”に、イギリス人探検家のエド・スタフォードが挑んだ。 

壮絶なドキュメンタリーの舞台となるフィジーのオルロア島には、もちろんスタッフやカメラマンは同行しない(撮影は自撮り)。着ていた服も脱ぎ捨て、文字通り裸一貫で乗り込んだエド(と局部のボカシ)から、強い決意が伝わってくる。 

さて、無人島で生き延びるために最も大事なのは「水」、次に「寝床」「食料」が続くというが、エドが最も苦しめられたのも、やはり「水」の確保だ。ヤシの実を落下させて中のジュースを飲んだり、漂着されてきたペットボトルと縄を使い(持ち込みはNGだが漂着物はOKというファジー規定)、崖の岩肌から伝い落ちてくる水を容器内に集めるシステムを作ったり、平らな場所に貝殻を置いて雨水をためる準備をしてみたりと、エドは奮闘を重ねる。 

この案件、普通の人ならもって3日といったところだろうが、エドは元イギリス陸軍大尉という経歴と、人類史上初めてアマゾン川を徒歩で踏破したギネス世界記録をもつ猛者。経験に裏打ちされた確かなサバイバルスキル、鍛えられた強靭な肉体と精神力で難関を乗り越える!
……と思いきや、意外と手間どるエド。サバイバルのプロフェッショナルである彼をもってしても、川や湧き水のない島で道具も持たず、人間が1日に必要とする3リットルの水を確保することは至難の業だったようだ。 

いよいよ脱水症状に片足を突っ込んでしまったエドは、寝床とする洞窟に横たわり、開いた瞳孔で寒気を訴え、感情のコントロールをも失っていく。追い打ちをかけるように、連日にわたる巻貝の生食があたり、嘔吐によって体内の貴重な水分も失われてしまった。 

ここで、命の危険にかかわるときのみ使用するとしていた緊急用医薬キットを開き、薬を飲むことに。そんなエドの決断を称えるかのように、間もなく天から待望の雨が降り注いだ。漂着したペットボトルに集められた茶色く濁る液体が、ひどく美味しそうに見えてしまうのは『ザ・無人島生活』の世界にハマってしまった証拠だろうか。 

体調が回復したエドは、タロイモを太陽の熱でチップスにしたり、海でドジョウを捕まえたりと、モチベーションも大幅アップ。失敗続きでメンタルを弱める要因のひとつとなっていた“火おこし”にもようやく成功したので、数日前に森で見かけた2匹のヤギも近日中にエドの胃袋におさまることだろう。 

エドが挑む無人島生活を見守り、地味ではあるが切実なサバイバルハックをしっかりと学んでいけば、我々が全裸で無人島に放り出されても1週間くらいは生き延びられるかもしれない。