地球上で最凶の生物とは?統計結果から考える本当の「怖さ」の意味

生物界の最凶の生き物は何か、考えたことはあるだろうか?

まず最初に思い浮かぶ答えは、「気まぐれな殺し屋」の異名を持つサメだろうか。しかし、まずはこちらの統計結果を見て、考えてみてほしい。

ハチの年間の犠牲者は、約50人。

ウシの年間の犠牲者は、約22人。

蚊の年間の犠牲者は、約72万5000人。

カバの年間の犠牲者は、約2900人。

そして、サメの年間の犠牲者は、6人ほど。

全世界でのこの統計結果から、嫌われがちなサメに対する誤解が解けることを願ってやまない。

RELATED POST