ケンカしてても超かわいい!意外と知らないシマリスの生態

食欲の秋とはよく言ったものだが、それは小動物の世界も同じかもしれない。シマリスやエゾリスを始めとするリスの仲間たちは、春の繁殖シーズンを経て、初夏には子どもたちが巣立ち。高温多湿の夏はリスにとっても我慢の季節だが、やがて秋を迎えると今度は冬眠に向けて食料の確保に励むことになる。

しかし、この時期のリスたちは非常に攻撃的になので要注意。せっせとこしらえた越冬用の巣を他のリスに奪われないように、常にピリピリとした警戒態勢を維持するのだ。

街中に自然が多いアメリカやカナダでは住宅地でもリスの姿を見ることができるが、とはいえ“本気バトル”を拝める機会はほとんどないんだとか。その可愛らしい姿からは想像できない、まるで総合格闘技のように躍動感あふれる取っ組み合いを捉えたシマリスの映像は、かなり貴重なものだろう。

ちなみに、あの夢の国のリスのコンビも、そんなシマリスがモデルのキャラクター。空想の世界では二足歩行で周囲をひっかき回す、食いしん坊でやんちゃな存在として描かれることが多いが、このキュートで可笑しい様子を見れば納得である。

一心不乱にドングリを頬に詰め込み、木立の中を走り回り、ケンカをしていてもどこか微笑ましいシマリスたち。日本でも比較的身近な野生動物なので、その生態を知れば愛着もひとしおだ。

RELATED POST